タービン滅菌の必要性

①エアータービンのスイッチを切って、急激に回転が止まることによリ、ハンドピース内が陰圧になるため、空気の排出口から唾液や血液などが内部に逆流する。 ②エアータービン、マイクロモーター等のスイッチを切ったとき、水回路の給水が急に止まらず液たれを…

マイクロモーターのメリット

音が低い マイクロモーター 歯科は、電気モーターのウィーンという音は少し聞こえますが、エアータービンを使うときに起きるキーンという回転音は低減します。 振動が少ない エアータービンは、被せ物を外す時などに、ドリルの回転がぶれて振動を感じる時が…

矯正中の痛みの原因

歯が動くときの痛み インプラント機器を付けると、歯根あたりにズーンとした歯が浮くような痛みを感じます。人によって痛みの感じ方は違うので、こうした表現で一括りにするのは適切ではないかもしれません。普段、何もしていない時に、痛みが生じたら、歯が…

インプラントに向いている人

失った歯の代わりに歯科用インプラント装置で人工歯を入れるインプラント治療ですが、全てに万能な治療ではなく、患者様の症状に合った治療方法が一番いいです。 一番奥の歯が抜けていてブリッジができない抜けてしまった歯が多数ありブリッジでは治療が不可…

超音波洗浄機について

構成 超音波洗浄器 歯科は超音波を発生する超音波振動子と、超音波振動子を駆動するための超音波発振器から構成されています。超音波発振器は家庭用のステレオに例えると、アンプ部分となり、振動子はスピーカーになります。 発生方法超音波振動子の内部には…

ホワイトニングで歯を白くする

歯が黄ばむ原因歯が黄ばむ原因は3種類で「加齢」「遺伝」「汚れ」があります。「加齢」「遺伝」による黄ばみは歯のホワイトニングで歯科医療機器などを用いて、改善できます。歯の「表面的な汚れ」は歯のクリーニングで落とすことが出来、「歯の内部まで沈着…

歯科レントゲンの発展について

歯科レントゲン機器の色々 レントゲン博士によって、物質を通過する放射線「X線」が発見されてすでに118年。以来医学は大きな進化をとげました。体内にあって直接見えない病巣の把握は、問診・視診・触診や医師の知識、経験をもとにした推理によって行うしか…

安全なホワイトニング加熱装置を選ぼう

ホワイトニングは、とても一般化した診療方法といえるでしょう。 ホワイトニングには、2種類の方法があります。ライフスタイルにあわせて、治療方法を選んでください。ホームホワイトニング自宅でできるホワイトニングです。個人用のマウスピースを作成し、…

ホワイトニングについての知恵袋

ホワイトニングとは歯の表面の部分、一番外側にあるのがエナメル質といいます。そのエナメル質は半透明で、象牙質の色が透けて黄ばんで見えています。歯を白く見せるためには、曇りガラスのようなマスキング効果が必要です。 エナメル質は無数のエナメル小柱…