マイクロモーターのメリット

音が低い

マイクロモーター 歯科は、電気モーターのウィーンという音は少し聞こえますが、エアータービンを使うときに起きるキーンという回転音は低減します。

振動が少ない

エアータービンは、被せ物を外す時などに、ドリルの回転がぶれて振動を感じる時がありますが、歯科用マイクロモーターは、ドリルの回転ぶれが少なく、エアータービンに比べて、患者さんの感じる振動が低減します。

微調整が出来る

エアータービンのドリルの回転スピードは、空気制御で行っているため、あまり細かい微調整が出来ませんが、歯科用マイクロモーターは、電気制御のため、ドリルの回転数を細かく微調整することが可能です。これにより、より精度の高い治療が可能になります。

力が強い

エアータービンは、空気の力で羽根を回転させてドリルを回しているため、例えば何かに引っかかってしまうなど、ドリルに抵抗が掛かると、途中で止まってしまうことがあります。これに比して歯科用マイクロモーターは、電気の力で歯科用モーターを回転させてドリルを回しているため、途中で止まってしまうことがあまりありません。

source:http://blog.oyodental.jp/2017/10/10/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88/

矯正中の痛みの原因

歯が動くときの痛み

インプラント機器を付けると、歯根あたりにズーンとした歯が浮くような痛みを感じます。人によって痛みの感じ方は違うので、こうした表現で一括りにするのは適切ではないかもしれません。普段、何もしていない時に、痛みが生じたら、歯が動くことによる痛みだと考えてください。

食事中の痛み

矯正装置を付けた後や調整した後、歯が動くときの痛みがある際は、特に食事で咀嚼する時に、痛みを強く感じるものです。器具を装着しているのですから、日常生活での違和感は当然ありますが、食事中に痛むのは避けたいところですよね。

f:id:nooralggc99:20171011190421j:plain

装置の接触による口内炎

装置が口内に接触することで、口内炎になってしまう場合もあります。歯が動くこと自体の痛みではありませんが、いつも同じ所に口内炎ができたり、なかなか治らない場合には、装置が口内に接触する部分を改善することが可能です。

ほっぺたを噛んでしまう痛み

矯正装置を装着した直後など、装置に慣れず口内に違和感があると、思わずほっぺたを噛んでしまったりすることがあります。そこから口内炎になって痛むこともありますが、器具に慣れてくるにつれて、こうしたアクシデントは少なくなってくるはずです。

インプラントに向いている人

失った歯の代わりに歯科用インプラント装置で人工歯を入れるインプラント治療ですが、全てに万能な治療ではなく、患者様の症状に合った治療方法が一番いいです。

f:id:nooralggc99:20170721174409j:plain

一番奥の歯が抜けていてブリッジができない
抜けてしまった歯が多数ありブリッジでは治療が不可能
ブリッジをするために健康な歯を削りたくない
入れ歯を使うのに審美的に抵抗がある
入れ歯を外したり付けたりするのがわずらわしい
気持ち悪くて入れ歯が着けられない
いままで使用していた入れ歯が自分に合わなくなってしまった
事故などの外傷で自分の歯を失ってしまった

歯科器具の消毒も大切です。必ず医療用除菌機器などで消毒します。

超音波洗浄機について

構成


超音波洗浄器 歯科は超音波を発生する超音波振動子と、超音波振動子を駆動するための超音波発振器から構成されています。
超音波発振器は家庭用のステレオに例えると、アンプ部分となり、振動子はスピーカーになります。

f:id:nooralggc99:20170719163253j:plain


発生方法

超音波振動子の内部には、超音波用の振動素子が接着されています。
 振動素子は超音波発振器が出す高周波電力を機械振動に変換し、強力な音波を発生させます。この超音波振動子は共振を利用しているため、 一般的に90%以上の高い変換効率を実現しています。
 振動素子は電界が加わると伸び縮みする電歪型(デンワイガタ)と磁界が加わると伸び縮みする磁歪型(ジワイガタ)があります。
 現在はBL振動子が主流となっており、最高液温は100℃(沸点近傍は除く)まで使用可能です。

弊店では、超音波洗浄機の他、高圧蒸気滅菌器 歯科用歯科滅菌用シーラーなどの滅菌消毒用品があります。是非、当店へようこそ。

ホワイトニングで歯を白くする

歯が黄ばむ原因
歯が黄ばむ原因は3種類で「加齢」「遺伝」「汚れ」があります。「加齢」「遺伝」による黄ばみは歯のホワイトニングで歯科医療機器などを用いて、改善できます。
歯の「表面的な汚れ」は歯のクリーニングで落とすことが出来、「歯の内部まで沈着した汚れ」は歯のホワイトニングで改善することができます。

<加齢>
歯の表面は透明度の高いエナメル質でできており、内部にある黄褐色の象牙質が年齢とともに色が濃くなり、エナメル質を透過して黄ばんで見えると言われます。よって年を重ねるたびに黄ばんで見えてくるのです。
<遺伝>
髪や皮膚の色同様に歯の色も遺伝します。
<汚れ>
しょうゆ、コーヒー、カレー。喫煙等、色素がつきやすい飲食を長年重ねることで、色素が歯の内面にも浸透していき、変色します。

f:id:nooralggc99:20170718163517j:plain

ホワイトニングで歯が白くなるメカニズム
歯の表面に過酸化物をメインとした薬剤を塗布し、熱や光で歯の黄ばみ色素を分解して歯を白くしていきます。天然の歯を白くしていくため、自然な色の仕上がりになります。

また歯の白さの段階も調整しやすいため安心して受けることができます。

歯の黄ばみ色素を分解しただけでは歯は白くなりません。歯の表面を覆うエナメル質は半透明色であるため、下層にある象牙質の黄褐色が透けて見えてしまうのです。ホワイトニング加熱装置でホワイトニング剤に含まれる過酸物(オキシドールと同じ成分)は、エナメル質をマスキングする特性があり、これによって歯を白く見せることが出来ます。

 

 

歯科レントゲンの発展について

歯科レントゲン機器の色々

レントゲン博士によって、物質を通過する放射線X線」が発見されてすでに118年。以来医学は大きな進化をとげました。体内にあって直接見えない病巣の把握は、問診・視診・触診や医師の知識、経験をもとにした推理によって行うしか方法がありませんでした。しかし、X線の発見によって、体内のどこでなにが起こっているかを写し出して、具体的に把握できるようになったのです。

歯科の分野へもいちはやく活用されました。

発見から数ヶ月後には医療への応用が試みられたといいますから、いかに必要性が高かったか想像できます。歯科の分野でも発見から数年で実用化されました。以来治療計画の立案、治療後の経過観察など、あらゆる場面で用いられています。
歯科の病気はロの中を覗くだけで発見できるには、ほんの一握りです。痛みが出ないまま進行する病気がめずらしくないのです。そのため、見えないところまでしっかり診ることが、歯科の治療でも大切なのです。

f:id:nooralggc99:20170707165656j:plain

歯科のX線で病気になる心配は?

心配しなくても良い範囲です。

歯科医院でX線検査を受けるとき、被ばくが気になる方もおられるでしょう。そこで歯科のX線検査による被ばくのリスクについてお話ししましょう。現在線量の数値によって人体への影響があることが、さまぎまな研究者から、さまざまなデータとして開示されています。したがって、どれを信じるかは一人ひとりの判断にまかせるしかありません。
一言でいってしまえば「自然放射線量と比較したり、日常生活のレベルで考えて、歯科の放射線量は心配しなくてもよい範囲の線量です。ただしリスクがゼロではありません」。
ここにポータブル式X線装置の撮影、CT撮影の標準的な実行線量を示します。また、その線量が、一年間に私たちが受ける自然放射線の何日分にあたるか、X線検査が「日常的行為のリスクレベル」と比較するとどのよう評価されているかご覧下さい。
いかがでしょう、少しは安心していただけたでしょうか。

 

 

X線で何が見えるの?

1)デンタルX線の場合

フィルムをロの中に入れて撮影するので「ロ内法」とも呼ばれる代表的なX線です。
小さな歯の中に隠れたむし歯、細くて複雑に分岐した根管、歯槽骨の減り具合や骨密度のようす、歯ぐきの奥にたまった歯石まで映し出します。

安全なホワイトニング加熱装置を選ぼう

ホワイトニングは、とても一般化した診療方法といえるでしょう。

ホワイトニングには、2種類の方法があります。ライフスタイルにあわせて、治療方法を選んでください。
ホームホワイトニング
自宅でできるホワイトニングです。個人用のマウスピースを作成し、そこにお薬を入れて一日数時間、数日間装着します。
オフィスホワイトニング
歯科医院で、直接歯にお薬を塗って処置する方法です。一度ホワイトニングをした歯の色も、個人差や生活習慣によって異なりますが、時間が経つと元に戻ることがあります。
どちらも状態によって使用期間・時間が異なります。f:id:nooralggc99:20170621152938j:plain
安全なホワイトニング加熱装置

歯科医療機器の中に、ホワイトニング加熱装置はなくてはならない存在です。ホワイトニング加熱装置青色光を発し、歯の美白に役立ちます。お取り扱いしている歯牙ホワイトニング製品はLED発光装置を通じて低温を与え、手術による歯神経への刺激を完全に避けることができます。
 静かで効果的なファン非常に優れた冷却効果で、患者と歯医者の安全を確保することができる。